ひと


やまびこ保育園の園児、職員、保護者のつながり

やまびこ保育園では、園児、職員だけでなく、保護者も含めた交流が盛んです。コミュニケーションを重視することで子どもたち一人一人にあった保育を実現します。

やまびこ式「ひと」の考え方

子どもとおとな “一人のひと”として

子ども・保護者・職員がお互いに尊重し合いながら生活しています。共に育ち合い、愛されることで自分も人も大切に思える心が育まれると考えています。

やまびこは大きな家族です

やまびこではクラス関係なく異年齢での活動もあります。大きい子が小さい子のお世話をしてみたり、憧れのお兄さん・お姉さんの真似をしてみたり。お世話される側からする側になる経験をし、人との関わり方も学んでいきます。共に生活する近い存在だからこそ、みんな本当の兄弟のようです。卒園しても続いていく関係となっています。

PAGE TOP