開店しました。

野川公園の奥の奥にあるビワの木に、ビワを取りに行きました。

木を揺らして落としたたくさんの実と
緑の濃い大きな葉を使って
ある楽しみを…

熟した実を使ってまずは1つめのお楽しみ
「ビワジャム」を作りました。
※新型コロナウィルスのため、一緒に作るなどの活動は行っておりません。
机で囲い、十分な距離を取ってビワジャム屋さんを夕方限定で開店!
看板職人さんが看板を書いて机に張り付けてくれました。

小さく切ったパンにつけて1口のお楽しみです。

『甘酸っぱい』『食べたことある味がする!』と
開店早々に列ができ、食べに来たみんなの笑顔でいっぱいになりました。

もう1つのお楽しみは「ビワ茶」
緑が濃くて、虫食いのない葉っぱを探してきました。
『これおいしそうな葉っぱじゃない?』
『お茶になるかな?』と
葉の選定をする姿があちこちに見られました。


天日干しした葉と、摘みたての葉と2つお茶を作りました。

『甘い匂いと、さつまいもの匂い…』
なるほど確かに。納得の匂いでおもしろーい!!
香りも色も違ったお茶ができました。

好みが分かれ、
味の感じ方も十人十色。

一緒に出来なくても何か共有できる楽しさを
ビワの葉からお茶が出来ることを知ったS君、
『ぼくも作ってみたい…どんな味がするのかな?』
1人の発信が、みんなのワクワクになりました。
今度は何屋さんを開店しようか、楽しみにしています。

 

〇ビワジャムの作り方
材料:ビワ
ビワの重さの20%のお砂糖
作り方:①ビワの皮と種を取り除き、鍋に入れる。
②実の重さに応じた量の砂糖を加えて火にかける。
③木べらでつぶしながら煮詰める。
④水分が飛んだら完成!

〇ビワ茶の作り方
材料:ビワの葉
生茶…1Ⅼに対して5枚
乾燥茶…1Ⅼに対して1.5枚
作り方:乾燥茶葉
①裏のふわふわした毛をよくこすり落とし
水洗いする。
②天日でぱりぱりと葉が折れるまで乾燥させる。

お茶の煮だし方
生茶:鍋に水と葉を入れて沸騰させる。
沸騰したら弱火で30分煮だす。

乾燥茶:鍋に水と葉を入れて沸騰させる。
沸騰したら弱火で10分煮だす。

 

 

PAGE TOP