イナダをさばく

園児のお父さんが釣ってきたイナダをおすそ分けしていただきました。
せっかくなので、子どもたちの前でさばくことにしました。

スーパーでは切り身で売っている魚。
”イナダ”という名前の生き物が、目の前で”イナダ”という名前の食材に変わっていく。
普段見慣れている食材の、生きていた本当の姿に触れるいい機会となりました。

はじめはおっかなびっくりの子もいましたが、好奇心いっぱいに頭や骨、内臓にも触れていました。
触った後はもちろん、入念に手洗いをしましたよ。
さばいたイナダは塩焼きにして、みんなで一口ずつお味見をしました。

PAGE TOP