かぶの葉で、ふりかけ作り

かぶを調理した後に残ってしまうかぶの葉。やまびこでも酢のものをつくった後など、かぶの葉が大量に余ってしまうことがあります。
そんな時はみそ汁の具にしたりして使うのですが、それでも使いきれない時があります。
そんな時、やまびこではふりかけを作ります。

手順1 かぶの葉をよく洗う。
砂や虫がついていることがあります。流水できれいに流しましょう。傷んでいる葉があったらよけておきましょう。
手順2 刻む。
フードプロセッサで細かく刻みます。フードプロセッサが無い方は、根気よくみじん切りにしてください。
手順3 ゆでる。
たっぷりのお湯で塩ゆでにしてください。大事な栄養が流れていってしまいますが、青臭さが抜けておいしくなります。
おいしさと栄養、私はおいしさをとりたいです。

手順4 水気をしぼる。
茹でたらザルにあけ、流水でしっかり熱を取り、ぎゅうっと絞ります。
絞っても水が出なくなったら、キッチンペーパーにはさんでさらに絞ります。
絞れば絞るほど、この後の電子レンジの時間が短く済むのでがんばってください。
手順5 レンジで水気を飛ばす。
もうこれ以上絞れないくらいになったら、大きめの耐熱容器にかぶの葉をちぎって広げます。
ラップをせずに電子レンジにかけます。電子レンジの時間はかぶの葉の量や、使っている電子レンジによって違いますが、少し水気が残っているくらいになればOKです。

手順6 まぜる。
かつお節、青のり、いりごまを混ぜる。混ぜるものはお好みで入れてください。
炊き込みわかめをくだいて入れるのもおいしそうだなぁと思います。

手順7 いりこも混ぜる。
いりこを電子レンジでカラカラになるまで乾かし、すり鉢とすりこぎで細かくする。
ミルミキサーがある方はぜひそちらを使ってください。

手順8 味付けをする。
かぶの葉に、かつお節、いりこ、青のり、いりごまを入れたら、しょう油と塩で味付けをします。
ふりかけなので、しょっぱいくらいがちょうどいいです。
手順9 もう一度レンジへ
味付けをして、全体をよ~く混ぜ合わせたら、もう一度電子レンジでチンします。
お好みの乾き具合で止めてください。やりすぎるとかぶの葉の色が悪くなるうえに、苦みが出てきます。

出来上がったふりかけは冷凍庫で保存できます。水分がほとんどないので凍りません。
1週間をめどに、食べきってください。
かぶの葉は栄養いっぱいの緑黄色野菜です。捨てるなんてもったいない。
上手に調理して、おいしく栄養を摂りましょう。

PAGE TOP